富士山の麓にある工房 

ガラス作家の石垣さんの工房、空良(そら)は富士山麓にあります。

この工房のまわりは、田園風景が広がっていて、天気が良ければ富士山がすぐそこに見えます。

自作の工房で作り出すガラス作品

素晴らしい環境の中にある工房は、宙吹きガラス作家の石垣さんが、納屋を改造して作り上げました。他にもガラス作りに欠かせない炉や、道具、さらに工房の隣りに併設しているギャラリーも作家の手作りです。

宙吹きガラスとは

石垣さんは、宙吹きガラスと言う技法を使って、作品を生み出しています。宙吹きガラスとは、1100度という高温の炉の中でガラスの原料を溶かし、水飴のように溶けたガラスを吹き竿の先で巻き取り、吹き竿を空中で回しながら息を吹き込む技法のこと。 石垣さんが息を吹き込む姿は、まるでガラスに命を吹き込む瞬間のようです。

命が宿ったガラスは、あまり手を加えず自然の様を作ることが作家のこだわりです。

自然が作品の手本

作家の作った工房の壁には、制作中に富士山が見える小窓があり、さらにもう一つ、山頭火の詩「ころり寝ころべば青空」の版画が飾られています。 自然の美しさに魅了された作家の作品は、空、雲、星、水、霧、光、宇宙など自然を作品の中に表現しています。 がらす工房 空良(そら)ギャラリー 石垣幸秀 静岡県富士宮市北山1384 TEL:0544-58-1559 ギャラリー(要予約)

◆富士山の町の工芸品

3商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
3商品 1-3表示
  • <
  • 1
  • >
3商品 1-3表示
  • < Prev
  • Next >